--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.11.29 00:48

滝を見るのに、こんなにずぶ濡れになるなんて。
カッパは必須だったわ...といってみても後の祭り。
これから滝観光に行こうかなーと思っている方は、
雨具を携帯することを強くオススメします!

さて、水しぶきを頭からかぶってすっかり冷えた身体は、
昼食会場で温めることに。
今日のお昼はホテルでバイキング。
黄色いカッパを来た集団がゾロゾロと列を作って
昼食会場を目指す光景はちょっと怪しいです(笑)

ココで衝撃的なことが。
デザートコーナーにあったケーキのサイズが、
とてもバイキングとは思えないサイズで( ̄ー ̄;
とは言ってもそこは別腹なので、
「後で取りに来よう?」なんてノンビリしてました。
が。
その直後にはすっかりなくなっていた模様...。
仕方なく小ぶりなタルト数個を取って、コーヒーをたらふく飲んで終了。

午後からはオプションの
『ナイアガラ・オン・ザ・レイクとワイナリーツアー』。
ホテルの前までバスが迎えに来てくれます。
同乗するのは添乗員さんではなく、現地ガイドさん。
そんな事より。
バスのドライバーさん、とってもカッコイイです(*ノノ)キャ
笑顔が爽やかです。
日本だとバスの運ちゃん=おっちゃんってイメージがあるけれど
外国だと違うのかしら?
空港から乗ってきたバスのドライバーは、
なんと女性でした(超無愛想だったけど)。

閑話休題。
ところどころ写真スポットでとめながらバスは
『ナイアガラ・オン・ザ・レイク』目指して走ります。
途中、車窓から世界一小さな教会が見えました。
ホントにちっちゃい!
世界一小さな教会
それにしても豪邸ばかりが立ち並んでいてすごいです。
メインの通り沿いの庭はどの家もキレイに手入れされていて
普通の民家には思えないほど。
家の庭先にも、道路にもあちこちでリスがチョロチョロしてます。
ナイアガラ・オン・ザ・レイク ナイアガラ・オン・ザ・レイク
『Greaves』というお店で自宅用にジャムと紅茶を購入。
このお店のおねーちゃんがとっても可愛くて親切でした!
時間がなくて町中をじっくり見られなかったのが心残り。

バタバタと集合して、
次目指すは『シャトー・デ・シャームス』というワイナリー。
日が暮れるのが早い上、天気が崩れてきていたので
到着する頃にはもう真っ暗。
日本人ガイドがついて工場内を見学した後に、
白ワイン・赤ワイン・アイスワインを試飲。
ワインの味わい方なんかをレクチャーしてもらっての試飲なので、
勉強になってよかったです。
こんなにちゃんと味わったことってなかったかも?
噂のアイスワインは超うまー!でした。

ワイナリーを出ると、後は夕食会場にバスは走るのみ。
の筈が。
このイケメンのドライバーさんは、
ライトアップされているナイアガラの滝やキレイに電飾された公園内を
ぐるーっとドライブしてくれました。
しかも右の座席の人も、左の座席の人もちゃんと見られるように。
なかなかここまでサービスしてくれる人もいないらしいので
いいドライバーさんにあたりました。
ベンさん、あんがとー♪(名前違ったかも...うろ覚え)。
一緒に写真撮りたかったけどタイミングがなく、
残念ながら写真ありません。

夕食は和食レストランでサーモン三昧。
ま、普通でした(笑)

その夕食会場から宿泊ホテルまでは徒歩で帰ります。
途中、バスで最後回ってもらった公園をちょこっとお散歩。
Falls Ave. Falls Ave. アメリカ滝
今日はナイアガラ最後の夜になります。
天気はイマイチだったけど、楽しかったなー。
今日こそはグッスリ眠れるかな...。

と、その前に。
風呂上りに美味しい珈琲を飲みながらおしゃべりしていたらば
(美しくライトアップされた滝を部屋から眺めながらなんて贅沢?♪)
何故か仕事の話になり、いつしかグチ大会と化しておりました( ̄ー ̄;
ベッドに入ったのは1時半過ぎ。
今日も睡眠時間が短いぞーっと。
(T▽T)アハハ!
スポンサーサイト

| いろいろ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。