--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.11.18 21:31

国内線より揺れなくて快適快適?♪

国内線と違ってエアカナダでは
客室添乗員に男性(ダンディーなおじちゃん)も結構いました。
何だか新鮮。

離陸してしばらくするとスナックと飲み物が配られて、間もなく機内食が。
2つから選択できるらしい。
チキンかビーフか、と聞かれるだけで
何のメニューだか分からないので適当に答える。
機内食1回目(チキン) 機内食1回目(ビーフ)
私はチキンを、他3人はビーフをチョイス。
思ったより味付けも濃くなくてまあまあ。
一緒についてくる水が「白神山水」って言うのは
何かのこだわりなのかしら?

お腹も満たされて、機内も真っ暗になったので
周りがみな寝始める。
えー、まだ12時前なのに寝られないよ!!
とか思いつつ、うとうと。
そして1回目の機内食が出た時間から4時間ほどで
今度は中間食(おやつ)が出てきた。
おやつ
機内で座ってるだけなのに、こんなに食べていいの?
デブ街道まっしぐらじゃない?
とパートさんらと言いつつモグモグ。
明らかに食べ過ぎ。

食べ終わってもまだ日本時間で夜中の1時くらい。
カナダまでは12時間。
後まだ半分かー、と思いつつ浅い眠りにつく。

いい加減胃がもたれてきたー。
夜中に何度も目が覚める。
機内は極度に乾燥してて、マスクしていても口や鼻が乾く。
早く到着しないかなー。

と、ボケーッとしながら瞬きをしたら。
ポロり。
コンタクトレンズが落ちた。
あー、乾燥してるからやると思ったのよねぇなんて
外れたレンズを片手に、バッグの中からゴソゴソと目薬を出す。
目玉とコンタクトに目薬をさして
いざ、レンズを入れよう!と言う時に
グイッと左側から左手を引っ張るパートさん。
時間見るなら自分の時計見てくれればいいのに...。
再度気を取り直して、左手でまぶたを開いてレンズを入れ
馴染ませようとした時
グイッとまた左手を引っ張られる。さっきより強く。
あっ!と思った時には既に遅し。
レンズ紛失。
この極度に乾燥した中に落としたら終わりじゃー!
と焦って探したけれどレンズは見つからず。

何をしているのかサッパリ分かっていなかった腕を引っ張った当人。
「えー?コンタクトレンズだったのー?知らなかったー。」
知らないじゃ済まされないよー。
これから旅が始まるって言うのに(-"-;)
頼むから状況判断してください。

しばらく探すも見つからず、諦めて新しいレンズを出すことに。
レンズのスペアを多めに持ってくれば良かった...と悔やむ。
何とかギリギリ間に合わせたけど、景色を見に行ったのに
コレでめちゃくちゃになったらシャレにならない。

そのうち2回目の機内食が出てきたけど、そんなイライラで
写真撮ることなんてすっかり飛びました( ̄ー ̄;
まだまだ青いです。
でっかい心を持たねばストレスで死んでしまいそうです。

この一件で先行き不安になったこと、胃の不調で
最後の機内食はサーモンを頼んだけど、半分くらい残しちゃった。

そうこうしているうちに着陸態勢に。
長かった12時間も終わりー♪と喜んでいたらば。
急激に高度が落ちたせいか
今度は胃の中を持ち上げられるような不快感に襲われる。
急にめまいがして、顔も首も汗でじっとり。
落ち着けー落ち着けーって自分に言い聞かせるようにしている時に
今度は右側から
「ねー、見てみてー!窓の外きれいだよー♪」
なんて。
どいつもこいつも、いい加減にしてー!!(心の叫び)

ブランケットで扇いだりして、何とか気を失わず無事着陸。
こんな旅ならもう帰りたい...とさえ思う。
フラフラになりつつ、空港内を歩いて少し元気に。

いやはや、出だしが悪過ぎです。
スポンサーサイト

| いろいろ | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

おおっ!

いよいよ旅行記の執筆開始ですね(・`ω´・)ノ
機内からネタが満載ですばらしー!
続きがとても楽しみですばいーo(´□`o)

| Bawny | URL | 2007.11.19 23:42 | 編集 |

ばうさんへ

もう書くこと多過ぎて。
しかしこの文才のなさときたもんです。
どうすべー。
どうしたらいいべかー。

| ぴのこ@管理人 | URL | 2007.11.20 00:12 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。