--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.04.11 18:29

ワクワクの期待ワクワクの期待とは裏腹に
ホテルに近づくにつれて風はピュウピュウ。
お空はどんより。
これはちょっと寒いかも…と思ったけど
指宿なんてそうそう来られないので
ど根性で行くことに。

宿泊先に砂蒸し風呂がなかったので
チケットを購入して、近くの砂蒸し風呂屋さん(?)へ。
砂埋れ用の浴衣、バスタオル、浴用タオルを各1枚渡され
脱衣所で下着を全部脱いで浴衣1枚になり
浴用タオルを持って砂場へ。

海が見える浜辺でパラソルの下に埋められるイメージだったけど
夕方だったからか大きなテントの中で全く海見えませんでした(笑)
係のおばちゃんに指図されるままタオルをかぶって
砂の上に横になると、スコップで両脇から砂を
ザックザックかけられます。
ちょっと怖い、生き埋めになりそうで。



おばちゃん(すなかけばばあ)
「大丈夫ですか?」と言われ
「はい、大丈夫ですぅ?」って答えるけど
実は息苦しい。
食後は止めた方が良い訳を身をもって知りましたわい。

すっかり体が冷え切ってたもんだから
最初は気持ちいいなって思った温かさが
段々と「あぢぢ」な状態に。
ワタクシ、極度の冷え性。

砂蒸し風呂は生まれて初めての体験で
どの程度埋れてて良いものかもわからず
ただ言われるがまま10分程度で出てきたけど
さっぱり汗かけませんでした。
20分くらい入ってれば良かったなぁ。

あと、あわよくば写真撮りたいと思ったけど
砂まみれになるし
湿気でカメラが壊れる可能性があるかもと思って
カメラは持ち込みませんでした。
なので写真はなく。
砂に埋れて顔だけ出してるって結構マヌケ(笑)

砂から自力で起き上がって、シャワーで砂を流し
お風呂に入ってゆっくりあったまる。
ビックリなのが、このお風呂海水だった。

宿に戻ったらでっかいお月さま。
三脚使ってないからブレちゃった。
指宿
スポンサーサイト

| いろいろ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。