--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.09.25 22:32

松尾芭蕉の「閑さや巖にしみ入る蝉の声」の句で有名な
山形の宝珠山立石寺(山寺)に行ってきました。
たぶん、最後に行ったのが小学生のころだったと思うので
かれこれもう、ん十年ぶりです。
山寺 山寺
登山口でペットボトルのお水を買って、いざ出発。

根本中堂の賽銭箱の上には布袋様が鎮座されてました。
身体の悪いところを撫でると治してくださるそうです。
山寺
...ココって前に来た時あったっけかなぁ、記憶にないなぁ
なんて思ってたら、どうやら別のところを通っていたようでした。
<下山口から上ってきてて、一度も通ったことなかったっぽいです。

しかも、今年は神社行っちゃダメとか言われてたのに
正規のルート(?)で上ってったら、日枝神社なるところが
途中にあって鳥居くぐっちゃった。
知らなかったのよ、すまん。

気を取り直して先へ進むと、以前はなかった(気付かなかっただけか?)
松尾芭蕉と曽良の像がありました。
松尾芭蕉 曽良の像
像の前に立った時に、芭蕉さんと目があったような気がしたけど
気のせいだなー。わはは。

玉こんにゃくの美味しそうなにおいに誘惑されつつ
拝観料を払って中へと進みます。




鬱蒼とした杉林を抜けて山の上まで参拝にいきます。
一段のぼる度に煩悩が消えるんだそうです。
山寺 山寺
9月も下旬といえど、蝉がまだまだ鳴いてます。
これ、夏に来たらえらいことになりそうです。
蝉の声聞いただけで暑くなるわ、絶対。

汗だくになりながら、えっちらおっちらのぼってようやく陽のあたるところへ。
山寺
もうクタクタです。
そして振り返れば
山寺
ふぎゃー!あんなところにお堂が!
まずは頂上まで目標に...と黙々歩きます。
汗は拭いても拭いても垂れてきます、ボタボタ。

心臓がバクバクで、汗もダラダラで奥の院に到着、参拝してUターン。



あ。
写真撮るの忘れた。
でももう戻るのイヤ。

諦めて、下りかけたところにポスト発見。
山寺
ほぼ頂上に近いココまで、郵便屋さんってば集荷に来るのッ?!
近寄って集荷時間見たら、毎日10時くらいに集荷に来ることになってました。
仕事とはいえ、大変なことです。

閑話休題。
あの山間のお堂にのんびり歩を進めます。
ようやく来たー!と思ったら、また階段でゲンナリ。
でも上ってみたら...
山寺
霞んでなかったら凄かったろうなぁ、という眺望でした。
前のオッサンの頭が写っちゃったのは気にしない方向で。

後は膝がカクカクいう状態で、勢いで下山しました。
いやー、汗だくです。
腿といい、ふくらはぎといい、もうダルダルだけど
力こんにゃく(玉こん)食べて満足しきり。
この醤油がしみ込んだこんにゃくたまりません。
そしてまた写真撮り忘れ...。

お次は腹ごなし...だけど、長くなったのでupは次回とします!

ところで。
帰ってきてから石段の数調べたら1,015段でした。
きつい筈です...。
スポンサーサイト

| いろいろ | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

風流な!

なんか私が好きそうな風流で素敵なとこですなあーーーーーーー!
あと写真の撮り方うまかー!
参考になりマッスル!

| Baw | URL | 2009.10.05 23:38 | 編集 |

ばうさんへ

一度コメントしたのに
スパムと一緒に自分のコメントも消してもーた(爆

てな訳で、再度コメントしておくさ(^^;

てゆーか
山寺一度来てみるといいさ?w

| ぴのこ@管理人 | URL | 2009.10.18 22:16 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。