--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.09.25 22:32

松尾芭蕉の「閑さや巖にしみ入る蝉の声」の句で有名な
山形の宝珠山立石寺(山寺)に行ってきました。
たぶん、最後に行ったのが小学生のころだったと思うので
かれこれもう、ん十年ぶりです。
山寺 山寺
登山口でペットボトルのお水を買って、いざ出発。

根本中堂の賽銭箱の上には布袋様が鎮座されてました。
身体の悪いところを撫でると治してくださるそうです。
山寺
...ココって前に来た時あったっけかなぁ、記憶にないなぁ
なんて思ってたら、どうやら別のところを通っていたようでした。
<下山口から上ってきてて、一度も通ったことなかったっぽいです。

しかも、今年は神社行っちゃダメとか言われてたのに
正規のルート(?)で上ってったら、日枝神社なるところが
途中にあって鳥居くぐっちゃった。
知らなかったのよ、すまん。

気を取り直して先へ進むと、以前はなかった(気付かなかっただけか?)
松尾芭蕉と曽良の像がありました。
松尾芭蕉 曽良の像
像の前に立った時に、芭蕉さんと目があったような気がしたけど
気のせいだなー。わはは。

玉こんにゃくの美味しそうなにおいに誘惑されつつ
拝観料を払って中へと進みます。


続きを読む

スポンサーサイト

| いろいろ | コメント(2) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。